Relation design

Ⅰ 組織体質の改善支援

どのような業態であっても、価値創造力を高めることに挑み続けることは、不可欠なこと…しかし、いつのまにか、その価値創造力が低下していることはありませんか?

 

事業者の顧客・勤務スタッフ・取引先・経営陣・その他事業者に関係するステークホルダーにとって、創り出そうとしている価値についての共通言語となるのが「事業目的」です

各事業者の扱う商品(サービス)は、その目的に到達するための「手段」に過ぎません


自分達が「どこにいる誰に、どういう幸せを創ることを目的として、どんな商品・サービス(手段)を開発提供する、何屋さんなのか」

 

…まずは、このブレない「事業目的」を明確にすることがとても大切です

事業方向性の整理から、弊社がしっかり寄り添わせていただきます


他にはない独自の想いを見える化

創業期メンバーには、「顧客にどういう幸せを創るのが目的」ということが明確だったはずが…チームが大きくなると商品・サービス…つまりは手段のことばかりに組織メンバーも意識がとらわれがちになります

  • 組織の方向性にブレが出ないためにも
  • 組織の意思決定がコモディティ化しないためにも
  • 価格競争に巻き込まれないためにも

自社独自の「想い」を理解共感し続ける環境づくりをお手伝いしています

価格競争から脱却し、価値共創し続ける体質へ改善するお手伝いです

 

事業目的に向けて、クリエイティブかつ機能的な組織運営となる「素地」を共に創らせていただいています